リージョナルLIFE

福島 暮らしたい所の気になるハナシ

福島の基本情報

福島の紹介、特徴

東北地方の南部に位置し、その面積は岩手に続いて全国3位を誇る福島県。
かつての地形や気候・交通などから、太平洋と阿武隈高地にはさまれた「浜通り」、阿武隈高地と奥羽山脈にはさまれた「中通り」、奥羽山脈と越後山脈にはさまれた「会津」の3つの地域で構成されています。
東北地方で最も温暖な太平洋側、夏の酷暑が多い福島盆地、日本海気候をもつ豪雪地帯といった地域により様々な気候の特徴があります。
産業では、水稲・ももなどの農産物、カツオや養殖鯉といった水産物など、県内の総生産は世界的にも高い経済規模をもちます。
また、城下町らしい風景や幕末の歴史の一端を感じられる会津若松や、古い歴史をもつ温泉地の数々、「アクアマリンふくしま」・「スパリゾートハワイアンズ」といった震災から復興をとげた地など、魅力あるスポットも満載です。

「すごく美味しい」を方言で言うと?:すげぇんめ!

福島の基本情報
面積 13,782.76km²
人口 1,936,008人
(2013年12月1日時点)
人口密度 140人/km²

「仕事」について

福島ならではの特徴

人、物が行き交う産業経済の中心地である中通リ地方。日本海側に位置し、国内初のコンピュータ専門大学である会津大学を中心にIT産業の集積が進む会津地方。太平洋側に位置し、小名浜港と相馬港の2つの重要港湾を核とする新たな産業拠点として整備が進む浜通り地方の3地方に分かれています。
第二次産業では、関東圏に隣接し、東日本の中心である福島県は、至便性のため、首都圏から県内に進出する企業も多く、製造品出荷額では、東北第1位で東北全体の3分の1を占めています。電子機器関連の工場が多く、会津若松周辺では半導体、郡山周辺ではプリント基板関連、電子部品、福島市周辺では電子機器、いわき市周辺では電子機器、化学製品、自動車エンジン工場などがあります。
第三次産業では、県内における最大の都市圏は、郡山を中心とする郡山都市圏であり、周辺地域とともに県内最大の郡山経済圏を形成し、郡山市は東北地方第2位の商業年間商品販売額となっています。

活発な産業
農業/漁業/製造業/サービス業
注目企業
ヨークベニマル(スーパーマーケット)/ゼビオ(スポーツ用品・アパレル)、幸楽苑(ラーメンチェーン店)、ダイユーエイト(ホームセンター)

「住」「ライフスタイル」について

福島県は東西に広く、さらに海岸や山地の地形装飾を受け、標高差も大きいため同じ県内であっても気候差は大きく異なります。
地域別の紹介すると、浜通りは夏は涼しく冬は暖かいという、比較的過ごしやすいのが特徴です。中通りは冬型の気圧配置の影響で、日本海側気候の影響を受ける場合があり、その影響で降雪する場合もあります。会津地方は雪が多く、積雪に備えた構造が特徴的です。
例えば屋根。積もった雪の重みで破損してしまうような瓦などは屋根材として現実的ではなく、屋根に積もった雪をうまく滑らせて落とすために、トタン屋根の住宅が多いのが特徴です。

支援情報(自治体の取り組み等)

福島県地域福祉支援計画と題し、「ともにいきいき暮らせる福祉社会~誰もが人々とのつながりを感じることができる社会の実現」を基本理念として掲げ、地域福祉のさらなる推進を図っています。
基本方針
・東日本大震災からの復興( 新たなコミュニティの形成支援に向けた地域福祉の推進、健康づくり・心のケア、子育て支援など)
・地域づくり地域福祉の総合的・計画的推進(市町村支援、生活支援の充実、防災対策の充実など)
・地域福祉を担う人づくり(福祉人材確保対策の推進など)
・地域福祉サービスの基盤づくり(サービス利用に係る情報提供及び援助体制の整備など)

家賃・地価相場
1LDK:5.85万円
2LDK:5.9万円
3LDK:6.3万円
地価:9.9075(坪/万円)
通勤方法、時間
車(30分前後)

平日と休日、長期休暇の過ごし方をご紹介!
人それぞれではありますが、ここでは例としてピックアップします。どんな1日なのでしょうか。代表的な一日をご紹介します!

平日タイムスケジュール

働いている人であれば、通勤というのも、なかなかさけては通れない生活の一部です。そして、その通勤の違いというのが、生活の違いといってもいいくらいに、首都圏と、地方とでは、違います。都内で通勤時間2時間は当たり前ですが、逆に、地方では、車でかよって、30分~1時間というのが、通勤の範囲のため、その分帰宅後にゆっくりと過ごすことができます。

休日タイムスケジュール

ドライブ、ピクニックと1日アクティブに過ごすことができます。近くには温泉地もたくさんあり癒されます。また冬には日帰りスキーも楽しめます。

長期休暇タイムスケジュール

実家への帰省は車で1時間程度。Uターンラッシュで渋滞に巻き込まれることなく、実家が近いと楽です。

お金にまつわる違い

収入と家賃・居住形態と物価を比較!

「子育て」について

支援制度

福島では子育て支援、子どもに対する教育及び保育に対する支援制度を設置し、県民一人一人が子どもに対する深い愛情と子育てに対する使命感を持ち、県民誰もが「子育てしやすい福島県」を実感できる社会を目指しています。
子育て支援情報のポータルサイト「ふくしまエンゼルネット」では様々な子育てに関わる情報を発信しています。また、震災からの復興へ向けて子育てを応援する「ふくしまスマイルキャラバン」なども実施しています。

子育てのしやすさ

充実した支援制度や県の取り組みはもちろん、住みやすく暮らしやすい場所としても人気の福島県。豊かな自然に加え、車で30分程度で何でもそろう利便性も兼ね揃え快適な子育て・暮らしを送ることができます。
また地域ならではのお祭りも盛んで、夏には「福島わらじ祭り」や「郡山うねめまつり」などイベントがあります。地域に根付いて子育てすることができます。

出生率
1.53
保育園数
252(待機児童数:64人)
学校
小学校:483校
中学校:241校
高校:112校
大学:9校
病院の数
107軒

「食」について

おいしいお店

坂内食堂、とら食堂
満腹、三澤屋茶屋
柏屋、三万石

郷土料理

あんこう鍋、こづゆ
いか人参、山都そば
高遠そば

名物

喜多方・白河ラーメン
福島餃子、ホッキめし
メヒカリ、日本酒

暮らしたい所の気になるハナシはまだまだたくさん!体験談をもっと見たい方はコチラから

体験談を見る:リージョナルヒーロー

リージョナルキャリアは転職に関する情報を発信しております。

関連コンテンツ

面談会を実施中!面談会情報はこちら求人情報を更新中!求人情報や検索はこちら

ページの先頭へ

展開拠点

求人検索

地域で探す
業種で探す
職種で探す
面談会情報を探す
転職ノウハウコンテンツ
リージョナルキャリア福島